Abstract Archives

Linux において PDF のメタデータを GUI ソフトウェアを用いて編集する方法

1. はじめに

 Windows において PDF のメタデータを編集する場合は,Adobe Acrobat Reader 以外にも多種多様なソフトウェアが存在しているため,ユーザーには多くの選択肢が与えられます。しかし,Linux において同様の作業を行う場合は,非常に選択肢が限られます。本記事では,Linux 上で動作する PDF のメタデータを編集可能な数少ない GUI ソフトウェアである PDFMtEd について記述します。

2. 環境情報

 次章以降で行う作業は以下の環境下で行ったものです。

3. インストール

 Github の README.md によると以下のパッケージに依存しているため,事前にインストールが必要です。

 上記のパッケージをインストールするために以下のコマンドを実行します。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/y-ppa-manager
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install yad libimage-exiftool-perl qpdf

 次に,以下のコマンドを実行して PDFMtEd をインストールします。

$ git clone https://github.com/glutanimate/PDFMtEd
$ cd PDFMtEd
$ sudo ./install.sh

 インストール時にエラーメッセージが表示される場合は,上記のコマンドを実行する前に以下のコマンドを実行します。

$ sudo mkdir -p {/usr/local/share/applications,/usr/local/share/icons/hicolor/scalable/apps,/usr/local/bin}

 正常にインストールされれば以下のように PDFMtEd が表示されます。

4. 使用方法

 使用方法は非常にシンプルです。必要な項目に情報を記入した後,「Save changes, file will be skipped if unchecked」にチェックが入っていることを確認して「Finish」をクリックします。また,「Rename based on tags」にチェックを入れて「Finish」をクリックするとメタデータを基にファイルネームを編集してくれます。

5. おわりに

 PDFMtEd は,高速かつシンプルに PDF のメタデータを編集可能である反面,以下の欠点が存在します。

 (1) Python の 2 系に依存している
 (2) 最終更新が 2016 年 1 月 3 日で止まっている
 (3) 編集可能なメタデータが少ない

 (1) と (2) は,PDFMtEd が OSS であるため解決可能な問題です。また,(3) に関しては Master PDF EditorExifTool などのソフトウェアで代用するなどの方法が考えられます。

管理者

Dutch
コンピュータサイエンスを専攻している大学院生です。研究の合間に,アニメを観たりブログサイトを運営しながら生きています。

目次